ショアジギング PR

【コスパ最強】おすすめライトショアジギングロッド20選|シーバスロッドも紹介

ライトショアジギングロッド
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

初心者にも使いやすいライトショアジギングロッドはどれ??」と、お困りですか?ライトショアジギングを快適に楽しむためには、メタルジグが遠投できるパワーのあるロッドが必要不可欠です。

しかしロッド選びを間違えると、ルアーの操作性が悪かったり取り回しが悪かったりと、快適にライトショアジギングを楽しめないため注意が必要。

そこでこの記事では、初心者の方向けにライトショアジギングロッドのおすすめを合計20選紹介します。ロッドの選び方や基本的なテクニックも丁寧に解説しているので、最後まで読んでライトショアジギングをはじめる際の参考にしてください。

[PR]使わなくなった釣具は買い取ってもらおう!

新しい釣具を購入すると、ネックになるのが使わなくなった釣具の整理です。もし買い取ってもらえたら次の釣具を買う足しにもできるので、ただ捨てるのは損かもしれません

釣具買取専門店ウェイブなら、出張料金・査定料金・送料など費用が全て無料で利用できます。メール査定も24時間受付可能なので、まずは気軽に無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。

\無料メール査定はこちら!/

Contents
  1. 【結論】管理人が選ぶコスパ最強ライトショアジギングロッドはコレ!
  2. ライトショアジギングとは?
  3. ライトショアジギングロッドの選び方
  4. 【メーカー別】コスパ最強のおすすめライトショアジギングロッド15選
  5. ライトショアジギングにもぴったりなシーバスロッド5選
  6. ライトショアジギングのおすすめリール
  7. ライトショアジギングの基本テクニック
  8. 新しい釣具の購入にあわせて古い釣具を整理しよう!
  9. ライトショアジギングロッドをゲットして釣りを楽しもう!

【結論】管理人が選ぶコスパ最強ライトショアジギングロッドはコレ!

コスパで選ぶなら、コルトスナイパー BB S96MLがおすすめです。リーズナブルな価格帯でありながら、幅広いフィールドで活躍できる仕様になっています。

▼おすすめロッド紹介までジャンプ!

ライトショアジギングとは?

metaljig

ショアジギングは、陸(ショア)からメタルジグを遠投して青物などを狙うルアーフィッシングです。中でもライトショアジギングは30〜40g中心に、20〜60g程度までのメタルジグを使用して行います。

重たいルアーを遠投するパワフルさが魅力で、数ある釣種の中でもスポーツのようにいわれることも多いスタイルです。

関連記事
ライトショアジギン
【初心者向け】ライトショアジギング徹底解説|おすすめタックルやルアーも紹介この記事では、釣り初心者の方に向けてライトショアジギングについて徹底的に解説していきます。おすすめタックルや最低限必要なテクニックも紹介しているので、最後まで読んでライトショアジギングをはじめる際の参考にしてください。...

ライトショアジギングロッドの選び方

items

ライトショアジギングロッドは、以下のポイントで選びます。

  • 長さ
  • パワー(硬さ)
  • 重さ

また、あわせて代用ロッドがおすすめなケースについても紹介します。

長さ

ショアジギングロッドにはさまざまな製品が販売されていますが、ライトショアジギング対応のモデルは8〜10ft程度の長さのモデルが多いです。

ライトショアジギングはキャストによる飛距離が重要な要素となるため、長いロッドが使用されます。しかし長すぎるロッドは取り回しにくかったり、長さの分重くなってしまったりとデメリットがあるため注意が必要です。

初心者の方が選ぶ際は、比較的取り回しにくさがなく、遠投性能も高い9ft台後半〜10ftまでの長さをおすすめします。

パワー(硬さ)

ライトショアジギングでは、柔らかめなショアジギングロッドを使用します。メーカーによって表記が異なりますが、だいたいML〜Mパワーがライトショアジギングにマッチしていることが多いです。

だいたい30〜40gのメタルジグを中心に使用するため、対応ルアーウェイトがMAX30〜50g程度をカバーできる硬さを選びましょう。

重さ

ショアジギングロッドは、他のルアーロッドに比べて重いロッドが多いです。釣種の特性としてロッドに頑丈さが求められるため、剛性と引き換えにどうしても自重が重くなる傾向にあります。

ライトショアジギング向けのロッドでもある程度重たいモデルが多いため、少しでも疲労感を抑えてライトショアジギングを楽しみたい方は、迷ったら軽い方のロッドを選びましょう。

シーバスロッドやエギングロッドで代用も可能

ライトショアジギングを楽しむならショアジギングロッドを使うのがベストな選択ではありますが、以下のようなケースではシーバスロッドやエギングロッドで代用するのもおすすめです。

  • ショアジギングロッドは重すぎて持っていられない!
  • メインターゲットはシーバスやイカなど、別に考えている!
  • もっと万能にルアーを扱えるロッドが欲しい!
  • メタルジグはMAX20〜30gまでしか使わない!

上記のような方や女性は、代用ロッドを検討してみましょう。

管理人
管理人
☆管理人から補足・アドバイス☆
実は管理人もエギングロッドを使用することが多いですよ!
関連記事
エギングロッド
【初心者向け】エギングロッドおすすめ15選|コスパ最強万能ロッド・リールも紹介この記事では、管理人が厳選したおすすめエギングロッドを15選紹介します。選び方のポイントやエギングロッドにあったリール・ラインなども解説しているので、最後まで読んで自分にあったエギングロッド選びの参考にしてください。...

【メーカー別】コスパ最強のおすすめライトショアジギングロッド15選

tsurigu2

ここからは、おすすめのライトショアジギングロッドを紹介していきます。

【SHIMANO】シマノのライトショアジギングロッド

ソルティーアドバンス SHORE JIGGING S96M

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:MAX60g、プラグ:MAX40g
重さ 225g

安くて使えるライトショアジギングロッドを探しているなら、ソルティーアドバンス SHORE JIGGING S96Mがおすすめです。メタルジグだけでなく、40gまでのプラグにも対応できます。

コルトスナイパー BB LSJ S96L

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:MAX42g、プラグ:MAX36g
重さ 177g

軽量さを求める方は、コルトスナイパー BB LSJ S96Lがおすすめです。200gを切っているので、女性にもおすすめ。

コルトスナイパー BB S96ML

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:MAX42g、プラグ:MAX36g
重さ 233g

安くてしっかりしたショアジギングロッドを探しているなら、コルトスナイパー BB S96MLがおすすめです。基本性能が高く、コスパの良いロッドとなっています。

【DAIWA】ダイワのライトショアジギングロッド

ショアジギング X 96M

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:15~60g、ルアー:10~50g
重さ 275g

ショアジギング X 96Mは、初心者の方向けに設計されたショアジギングロッドです。遠投しやすい調子になっています。

ドラッガー X 96M

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:20~70 g、ルアー:15~60g
重さ 255g

ドラッガー X 96Mは、3kgまでの小型青物をターゲットにできるロッドです。シャクリが軽快にできる長さになっています。

オーバーゼア 97M

長さ 2.92m
ルアーウェイト ジグ:10~50 g、プラグ:10〜45 g
重さ 172g

オーバーゼア 97Mは、30g前後のメタルジグが使いやすいロッドです。メタルジグだけでなく、ミノーや小型トッププラグにも最適な仕様になっています。

【AbuGarcia】アブガルシアのライトショアジギングロッド

ソルティースタイルライトショアジギング STLS-962M40-KR

長さ 9’6″ft
ルアーウェイト 10〜50g
重さ 174g

ソルティースタイルライトショアジギング STLS-962M40-KRは、30g・40gといったライトショアジギング定番のメタルジグが使いやすいモデルです。

ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング XLSS-992M40

長さ 9’9″ft
ルアーウェイト 10〜50g
重さ 171g

ソルティーステージ プロトタイプ ライトショアジギング XLSS-992M40は、最大50gまでのメタルジグが快適に扱えるロッドです。

【MajorCraft】メジャークラフトのライトショアジギングロッド

ファーストキャスト ショアジギング FCS-962LSJ

長さ 9’6″ft
ルアーウェイト 15〜50g
重さ 調査中

とにかく安くライトショアジギングロッドを手に入れたい方は、ファーストキャスト ショアジギング FCS-962LSJがおすすめです。

ソルパラ ショアジギング SPX-1002LSJ

長さ 10’0″ft
ルアーウェイト 40±20 g
重さ 調査中

ソルパラ ショアジギング SPX-1002LSJは、コスパで定評のあるライトショアジギングロッドです。管理人も愛用しています。

関連記事
ソルパラ
メジャークラフト・ソルパラとは?|SPX-1002LSJの評価・レビューも紹介この記事では、管理人も愛用しているメジャークラフトのソルパラを徹底的に紹介します。管理人の評価・レビューも紹介しているので、最後まで読んであなたのロッド選びの参考にしてください。...

クロスライド 1G-class XR1-962M/LSJ

長さ 9’6″ft
ルアーウェイト 5〜50g
重さ 調査中

クロスライド 1G-class XR1-962M/LSJは、基本性能の高いショアジギングロッドです。メタルジグだけでなく、プラグにも最適な設計となっています。

【JACKALL】ジャッカルのライトショアジギングロッド

BRS-S96ML-LSJ

長さ 2.90m
ルアーウェイト MAX50g
重さ 200g

BRS-S96ML-LSJは、スタンダードなライトショアジギングロッドです。30〜40gのメタルジグの使用が想定された設計となっています。

【tailwalk】テイルウォークのライトショアジギングロッド

ライズシューター SSD S96ML

長さ 9’6″ft
ルアーウェイト ジグ:MAX50g、プラグ:MAX40g
重さ 212g

ライズシューター SSD S96MLは、ショアジギングはもちろん、ダイビングペンシル、ポッパー、シンキングミノー、シンキングペンシルといったプラグにも対応できるモデルです。

【Jackson】ジャクソンのライトショアジギングロッド

オーシャンゲート ショアジグ JOG-906ML-KSJ

長さ 2.90m
ルアーウェイト 14~45g
重さ 235g

オーシャンゲート ショアジグ JOG-906ML-KSJは、ジグ操作やキャストが快適にできる長さに設計されたロッドです。はじめての1本目にもおすすめ。

【ZENITH】ゼニスのライトショアジギングロッド

カレントランナー CR-S952ML

長さ 9’5″ft
ルアーウェイト ジグ:20〜50g(MAX80g)、プラグ:〜40g
重さ 292g

カレントランナー CR-S952MLは、50gまでのメタルジグや15〜40gまでのプラグが快適に扱えるロッドです。人と違うロッドが欲しい方にもおすすめ。

ライトショアジギングにもぴったりなシーバスロッド5選

seabass

代用ロッドでライトショアジギングを考えている方向けに、ライトショアジギングにもおすすめなシーバスロッドを紹介します。

シーバスハンターX 96M・R /ダイワ

長さ 2.90m
ルアーウェイト 10〜50g
重さ 150g

シーバスハンターXは、ライトショアジギングに使うなら96Mがおすすめです。

ムーンショット S96M/シマノ

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:MAX50g、プラグ:8〜42g
重さ 156g

シマノ派の方は、ムーンショットがおすすめ。S96Mなら、ライトショアジギングにぴったりです。

エンカウンター S96M/シマノ

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:MAX50g、プラグ:8〜42g
重さ 145g

エンカウンターは、ショアのキャスティングゲームを幅広く楽しめるモデルです。ライトショアジギングなら、S96Mがおすすめ。

ラテオ 96M/ダイワ

長さ 2.90m
ルアーウェイト 10〜50g
重さ 143g

ラテオは、高い遠投性能とパワーを持ったロッドです。ライトショアジギングで使うなら、96Mがおすすめ。

ディアルーナ S96M/シマノ

長さ 2.90m
ルアーウェイト ジグ:MAX45g、プラグ:7〜42g
重さ 156g

より質を求める方は、ディアルーナがおすすめ。ライトショアジギングで使うなら、S96Mがぴったりです。

ライトショアジギングのおすすめリール

reel

紹介したロッドとあわせたい、ライトショアジギングにおすすめなリールも紹介しておきます。

ナスキー 4000XG/シマノ

アルテグラ 4000XG/シマノ

フリームス LT4000-CXH /ダイワ

レグザ LT4000-CXH /ダイワ

カルディア LT4000-CXH /ダイワ

関連記事
21カルディア
【ダイワ】21カルディア評価・インプレ|アジングでの使い心地なども紹介この記事では21カルディアについて紹介し、管理人の評価・インプレッションや18カルディアとの違いについても解説します。21カルディアのおすすめ番手や21カルディアとよく比較されるライバル機種も紹介しているので、最後までチェックしてください。...

ストラディック 4000XG/シマノ

関連記事
ライトショアジギングリール
コスパ最強のライトショアジギングリールおすすめ15選|選び方も徹底解説この記事は、初心者の方に向けてライトショアジギングにおすすめのリールを合計15選紹介していきます。リール選びのポイントや、リールを購入したあとのメンテナンス方法についても解説しているので、最後まで読んでリール選びの参考にしてください。...

ライトショアジギングの基本テクニック

タックル

ライトショアジギングにマストな、以下の基本テクニックについて解説します。

  • ワンピッチジャーク
  • リトリーブ(ただ巻き)

ワンピッチジャーク

ワンピッチジャークは、ライトショアジギングの基本となるルアーアクションです。キャストしたあと、以下の動作を繰り返します。

  1. ルアーをフリーフォールで着底させる
  2. ラインを張った状態で竿先を煽りながらリールのハンドルを回す(ジャーク)
  3. 10〜15回程度ジャークを繰り返し、ルアーをフォールさせる

上記は、最もスタンダードなボトム〜中層までを探るワンピッチジャークです。ジャークのスピードや回数で変化をつけて誘いましょう。

■管理人おすすめのルアーアクション解説動画②

リトリーブ(ただ巻き)

表層など、任意の層を探りたいときや、ワンピッチジャークに疲れてしまった際に使えるのがリトリーブ(ただ巻き)です。

基本的にはリールのハンドルを巻くだけで、あとはメタルジグの泳ぎに任せるアクションなので、ワンピッチジャークとあわせて使用しましょう。

■管理人おすすめのルアーアクション解説動画①

新しい釣具の購入にあわせて古い釣具を整理しよう!

新しい釣具を購入する際、古い釣具をどうしたらいいかわからないことも多いものです。保管するスペースには限界がありますし、お住まいの自治体や釣具のサイズによっては捨てるためにお金がかかるケースもあるため要注意。

釣具の整理をするなら、買取査定を受けるのがおすすめです。もし買い取ってもらえれば次の釣具を買う足しにもできるので、ただ捨ててしまうのは損かもしれません

釣具買取専門店ウェイブなら、出張料金・査定料金・送料など費用が全て無料で利用できます。メール査定も24時間受付可能なので、まずは気軽に査定を受けてみてはいかがでしょうか。

\費用は全て無料!/

関連記事
wave
【ヤフオク4年連続1位】釣具買取専門店ウェイブの評判まとめ|古い釣具売るなら!この記事では、釣具買取専門店ウェイブについて紹介し、利用するメリットやおすすめな人について解説していきます。ウェイブ利用者の評判をまとめた結果も紹介しているので、最後まで読んで買取店探しの参考にしてください。...

ライトショアジギングロッドをゲットして釣りを楽しもう!

一人釣り

ライトショアジギングを快適に行うには、メタルジグが遠投できるパワフルなロッドが必要です。自分にあったロッドを見つけ、ライトショアジギングを楽しんでください。

また、釣具の整理が必要な方は、釣具買取専門店ウェイブもぜひチェックしてくださいね!

\費用は全て無料!/

お問い合わせはこちら!






    ABOUT ME
    管理人・釣口
    大手釣りメディアでライターをしていました!海に近い地域に住んでいたこともあり、釣りは小学生のころから親しんでいました!今はエギングをメインに、アジングやショアジギングなど、ルアーフィッシングもエサ釣りも、幅広く楽しんでいます!もちろんエサ釣りも大好きです!「釣り人の入口」では、主に初心者に向けて、海釣りを中心に役立つ情報を発信していきます!